確実に借りれる金融会社

絶対借りるための条件

今現在ご自分が借りれる範囲の中で、一番有利な条件で確実に借りれる消費者金融会社が簡単に見つけることが出来ます!

有利な条件での借入とは、低金利で利便性が高く、尚且つ即日対応で融資をしてくれる消費者金融に他ありません。条件別に金融業者を区分すると、大手・中堅・零細に分類することができますが、其の中でも大手カードローンは金利が低く知名度も抜群です。借りれるものなら誰しも利用したいのはやまやまですが、審査は決して甘くはありません。むしろ厳しいと定義したほうがいいかもしれません。

大手カードローンの審査に通らなかった方、あるいは自信のない方は高望みはせずに、中堅消費者金融かそれよりも審査基準の甘い零細消費者金融を選択すべきです。そうすることで、確実に借りれる可能性が高くなるはずです。

借入件数で判断

審査に通るためには

金融会社の審査では、借入業者数、借入金額の他にも複数の要素が絡んできます。たとえば、現在の給料総額、家族構成、年齢、職業、資産の有無などもスコアリングシステムにおける審査項目になっていますし、信用情報機構の個人情報に関するブラック情報の登録なども重要な要素です。

  • 借入業者数・・・大手では三件規制という取り決めがあって、借入業者数が三件を超えるとそれ以上の融資は行いませんので、それ以上の借入がある方は中堅消費者金融を選択しましょう。
  • 借入金額合計・・借入金額の合計が年間収入の三分の一をオーバーすると、それ以上の融資はどの業差であっても実施されることはありません。どうしても必要な方は総量規制対象外のローンを選択しましょう。
  • 職 業・・・・・公務員や企業勤務のサラリーマンが有利であることは誰しも知ることですが、毎月確実に収入が入ってくる人であれば問題ありません。なお、無収入の無職者の場合は絶対審査には通りません。
  • 居住状況・・・・いわゆる持ち家か借家かの二者択一になりますが、当然借家住まいより資産が見込める持ち家住まいのほうが審査におけるポイントは高くなります。ただ、借家住まいでも居住年数が多ければある程度の信用は得られます。
  • ブラック情報・・金融会社は審査の際には必ず信用情報機構の個人情報を閲覧しますが、その中でブラック情報に登録されている場合はどの業者においても審査には通りません。

申込書の記述

まずキャッシングの申し込みには、申込書を記述して提出をすることが第一関門となります。Web申し込みであれば、入力画面の項目を入力していきます。また、窓口審査や無人契約機の場合では、手書きで申込書を記入していくこととなります。

記入項目は、住所、氏名、生年月日、電話番号、性別、勤務先、役職、勤続年数、収入、現在の借入状況等になります。気をつけたいのは、年収は手取り額を記載するのではなく、必ず総収入を記入することです。少しでも多いほうが審査で有利になります。

また、現在の借入状況については、借入総額が多ければ審査に不利になると考えて、過少気味に記入したいと考えるのは当然のことですが、借入状況は信用情報機構の個人情報でバレてしまいますので、そういった工作をすることは、逆に不審を招くことになるので、虚偽の記載はしないことです。

0申込書を記入する上で注意をするポイント

  • 0収入の記載は手取り額ではなく、税引き前の総所得を記入する。
  • 0現在の借入状況については信用情報機構の個人情報で丸裸にされることから、虚偽の記載は避ける。
  • 0借入の用途目的については、ギャンブルや投資といった記入はしない。

大手の審査に自信がない人は、準大手や中小のキャッシングローン会社で借りれます。中小のローン会社は大手ほど審査が厳しくないので、借入件数が5件以上の多重債務者でも審査に通る場合があります。

ただ、中小のサラ金業者は大手より金利が高くなります。つまり審査が甘い分、金利が高くなるということです。多重債務者への融資は金融業者にとっても貸し倒れのリスクが高くなることから、その代償として利息が高くなるのは当然のことです。

どうしてもお金が必要という場合、審査基準の甘い消費者金融やサラリーマン金融を利用せざるを得ないでしょうが、上限金利一杯の利息を覚悟しなくてはいけません。前述したように、金利が高くなると利息への支払いが増えてしまって元金への充当が少なくなってしまいます。そうなると、いつまでたっても元金が減らず、延々と利息を支払うのみの生活に陥ってしまいます。

大手銀行系列カードローン会社矢印中堅中小消費者金融会社矢印小規模零細消費者金融


申し込みの前に

確実に審査に通るためには、自分の現在の借入状況と収入に見合った融資先を選択することが重要です。決して高望みをせず、かといって審査基準が甘いからといって条件の低すぎる業者を選択するのも、後々の支払いを考えると損をすることになります。借りれる範囲の中で最高の条件で借りれる消費者金融の選択こそが、損をしない借り方といえるでしょう。

金融会社一覧

人気の金融会社

金貸しからお金を借りる行為は、通常一般の人には不慣れな行為であることは否めません。中には悪質な金貸しも存在しますし、厳しい取り立て行為が社会問題となった時代もあったことから、金貸しの悪いイメージはまだまだ払拭されたわけではないはずです。

しかし、メディアなどの広告に出ている大手銀行系のカードローンは、そういった悪いイメージとは別世界で、一番人気が高いのもこういった大手の消費者金融なのです。やはりテレビのCM効果は絶大で、悪いイメージの払拭を飛び越えて信用まで獲得してしまうのですから、すごい効果と言わざるを得ません。

また、人気のある理由は他にもあります。他の中小中堅クラスの消費者金融と比較すると、各段に低い金利で融資をしているのも見逃せない点です。これだけの差があれば、誰でも「借りられるのであれば大手で」と考えるのは通常でしょう。

また、大手カードローンの利点は銀行やコンビニのatmで出し入れが出来るというのもメリットの1つです。毎月の面倒な支払いが、買い物ついでに出来てしまうというのも、時間の圧縮という観点から、大きな魅力といってもいいでしょう。

レディースキャッシング

女性にとってはサラ金でお金を借りることに対して、少々後ろめたい気持ちに苛まれる方が多いようです。しかし最近の大手消費者金融は女性でも借りやすいレディースキャッシング部門を充実させており、女性向けキャッシングの融資高は年々拡大の一途をたどっているようです。

その理由として、女性はファッションやアクセサリーといった物品の購買意欲が高いことから、ローンやキャッシングを利用して購入していると考えられます。女性の審査についても、パートやアルバイトといった職種でもある程度の収入がある方は問題なく審査に通りますし、収入のない専業主婦でも夫がサラリーマンで夫の承諾書があれば審査に通ります。

営業マン