違法業者

キャッシングの注意点

キャッシングには債務を超過させてしまう金利が多く含まれています。金利とは説明するまでもなく、お金を借りる額に付加される利子のことで、一昔前は利子が利子を生む雪だるま方式などと揶揄されたものですが、実際当時の金利は現在とは比較にならないほど高利だったのも間違いありません。以下は上限金利の時代推移の統計です。

上限金利の時代推移

現在、出資法で定められた上限金利は10万円以下のキャッシングで20.0%、10万円いじょう100万円未満の借り入れで18.0%、100万円以上の借り入れで15.0%となっています。もしも、これ以上の金利を請求されれば、出資法違反となってその業者は処罰の対象となります。

出資法で定められた借り入れ金額に対する上限金利
 10万円以下の借り入れの場合  20.0%
 10万円以上100万円以下の場合  18.0%
 100万円以上の借り入れの場合  15.0%

かつては上限金利を超える金利で貸し付ける違法業者が無数に点在していましたが、度重なる法改正によりその数はかなり減少しました。現在は大部分の業者が法的金利(上限金利)を厳守していますので、それほど違法業者に対して神経質になる必要はないかもしれません。

ただ、利子は借入金額が大きくなるに比例してきますので、油断は大敵です。金利は借入総額を押し上げてしまう効果もあることから、金利を多く含む高利貸しやキャッシングなどは債務超過の危険性を持っているのです。

高利貸しと闇金融

電柱広告によくある090金融などの高利貸しは、別名、闇金融と呼称されますが、それらの業者の大半が金利を多く含有し、一旦借りたら最後、尻の毛まで抜かれてしまいます。何しろ金利が高いのでいくら返済しても元金が減ることはありません。延々と利子を払い続けることになります。

通常のキャッシング会社であれば支払いは元金と金利を上手に混ざって少しづつ元金も減っていきますが、闇金融ではそうもいきません。元金が減るどころが、雪だるま式に増えていくことになります。その結果、債務超過に陥り、夜逃げや最悪の場合自殺に走ってしまうことになるわけです。

高利貸し・・・上限金利を上回る金利を要求する業者(出資法違反)
無登録営業・・・貸金業登録をせずに無登録で営業している業者
日賦貸金業者・・・日賦業者には特例として54.75%まで上限金利が認められていたが、現在では廃止
買取屋・・・顧客が保有するクレジットカードで商品を購入させ、それを半額程度で買い取る業者
090金融・・・代表電話を携帯電話の番号で利用している業者。固定電話が義務付けられている。
照会屋・・・広告で多重債務者を勧誘し、貸金業者を紹介して紹介料をせしめる
整理屋・・・多重債務者に対して債務を一本化すると偽って、支払い額等をせしめる詐欺

 

クレジットカード現金化とは?

現在でもWeb上に「無審査でキャッシング可能」「審査無しで貸します」といったキャッチコピーを使って、どこからも借り入れが不能で金策に奔走している人を狙っているのが、クレジットカード現金化です。

これは、本人が保有しているクレジットカードで商品を購入させ、その上でその商品を買い取ることで現金を渡すシステムで、いわゆる「買取屋」がその正体です。したがって、「キャッシング」だとか「貸します」といった表現はまったくの虚偽で、「クレジットカードで購入した商品を買います」というのが真実です。

現在では、現金化目的でクレジットカードで商品を購入させることは、違法行為にあたりますので、各買取業者ともに違法行為に接触しないように頭をひねって対策をしています。たとえば、形式上の商品を購入させて、実際にその商品を本人宅にまで発送することで、購入させたと見せかけてる手口です。実際に発送されてくる商品は二束三文の商品であることは言うまでもありません。

今すぐに現金が必要で金策に奔走している人にとったら、最後の手段ともいえるのがこのクレジットカード現金化なのかもしれません。しかし、当然のように翌々月には購入した商品の代金の請求が来ることから、多くの人が支払い不能になってしまい、大切なクレジットカードを失ってしまう結果になっています。

また、本来であれば不必要な手数料や仲介料を現金化業者に搾取されていることも忘れてはなりません。クレジットカードが最後の手段であるというのなら、何も業者を通さずとも自分でやればいいのです。そうすれば、手数料や仲介料を支払わずに済みます。第一それほど難しい作業ではありません。

クレジットカード現金化比較買取屋

自分でやる場合手順

  • 1クレジットカードと、振込先に使う金融機関の預金通帳を用意
  • 2Amazonのサイトへ入って、ギフト券のページへ移動
  • 3ギフト券(メールタイプ)をクレジットカード決済で購入
  • 4指定のメールにギフト券が送られてくれば、買取業者へ買い取ってもらう
  • 5指定の銀行口座に代金が振り込まれれば終了

注意することは、ギフト券は必ずメールタイプを指定することです。それ以外は買取業者で取り扱っていません。また、指定のメールは必ず自身のアドレスで連絡がつくものを使用すること。

購入額は、7万円の現金が必要な場合は8万円分のギフト券を購入します。その場合は3万円ギフト券×2枚、2万円ギフト券×1枚といったような購入の仕方をします。

クレジットカード決済後、早ければ一時間程度で指定のメールアドレスにギフト券が発信されてきますが、時間がかかる場合は6時間程度かかることもあります。

買取業者は自身で「Amazonギフト券 買取業者」で検索をかければ何件がヒットしてきますので、その中で一番還元率の高い業者を選びましょう。だいたい平均して93%くらいの還元率で買い取ってもらえるはずです。